平面花火

     マクロと空と・・・   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チョイス


PENTAX ME/PENTAX FA43mm F1.9 Limited/kodak BW400

昔は、カメラと言えばフィルムカメラ。

私が幼少の頃は白黒フィルムがほとんどでありました。(歳がばれそうですが・・^^;)
私が初めて自前のカメラとして一眼レフを手に入れたときは、カラーネガが主流になってましたが
その頃はまだフィルムも現像もプリントもモノクロに比べて高価でありました。
いったい、いつ頃から逆転したんでしょうねぇ・・・。

今あるモノクロフィルムは、現像の手段が2種類あって、ひとつは以前から変わらないやり方。
もう一つはカラーネガと同じやり方。

モノクロフィルムは割と安価ですが現像の金額が高くて、やってくれるところが限定されるので時間もかかる。
カラーネガと同じやり方をするほうは、フィルムの値段は高めですが、たいていの場合は、そこらのお店で
一時間もあればやってくれて、値段もカラーネガと同じ。(現像のみの場合)




PENTAX ME/smc PENTAX-M 1:1.7 50mm/kodak BW400

一番良いのは自宅現像かもしれないと一時は真剣に考えましたが、せっかく撮ったものを失敗してしまう
確率が高いのでやめました。(^^;)

ということで、今使っているのはカラーネガ現像のコダックのBW400とイルフォードのXP2が
主力であります。(撮った後に待てない性格^^;)

まあ、手段として一番楽なのは、デジタルでモノクロ撮りすればいいんでしょうけれど・・・・
どうやら、自分の頭の中で、デジタルはデジタル。フィルムで撮る物はフィルムでとかいう棲み分けが
ぼんやりとですが、あるみたいです。
多分、人様に見せたときには、どちらがどちらでも判らないし、どちらでもかまわないものだとは思いますが。(笑)




スポンサーサイト

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/10/24(水) 22:41:54|
  2. 銀塩写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<秋薔薇 | ホーム | 土鈴>>

コメント

フィルム

デジタルはちょっと撮るのはいいんですけど…
ネガを同時プリントしてもらう時の気楽さ(画像を選ばなくてもいいので)、奥行きと色合いはデジタルでは無理だなぁと(私の腕では)
そんなわけで、デジタル完全移行はむつかしいです…
  1. 2012/10/25(木) 21:20:04 |
  2. URL |
  3. ねえやん #-
  4. [ 編集]

>ねえやんさん

こんにちわ~♪

何が違うんでしょうねぇ・・・・明確な答えを導き出せないまま
どちらかを捨てることはできずに、デジタルとフィルムの両刀遣いとなっております。
それはそれで楽しいんですけれどね。(笑)
  1. 2012/10/26(金) 01:11:38 |
  2. URL |
  3. chaos #T3fqMar2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://planefirework.blog35.fc2.com/tb.php/1742-013cd608
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

chaos

Author:chaos
九州在住です。
もうオッサンです。
どーぞ、よしなに。。。

リンクフリーです。
貼ってくれる奇特な方
感謝です。<(_ _)>
一声いただけると更にうれしいです。(^^)

当方の記事に関係ない
不適切なコメント・TBは
即時削除いたします。
御容赦を。

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する



日本ブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ

中古レンズの値段は?

PENTAX


CANON


NIKON


OLYMPUS


TAMRON


SIGMA









ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード



エーハチネット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。